求人情報がカギ?!
人材採用戦争に負けないための
マル秘テクニック

求人媒体を利用する

求人情報は紙媒体だけでなく、各種ウェブメディアにも掲載できるようになりました。そのため、より回転の早いアプローチが可能となっています。専門的な職種に関してもピンポイントで採用が出来るような求人媒体もあるようです。しかし、求人媒体が沢山あっても、その求人情報が同じでは効果は薄いです。会社に欲しい人材を集めるために必要な求人媒体の使い方には、どのようなものがあるのでしょうか。

求人媒体は年齢や性別、エリアや雇用形態などの指標を元にして作られています。そのため、その指標に合わせた求人情報を載せることが重要です。例えば、女性採用に強い求人サイトもあれば、若手の採用に強いサイトなど、その特徴は様々です。そのため、どのような求人媒体がどのような強みを持っているのか把握しておきましょう。

また、求人媒体は一定の期間で特集企画を行います。特定の業種や持っているスキルを活かせる職業をテーマにして求人を出しているため、狙った人材を採用しやすいです。このような特集は欠かさずモノにしてください。

多様化する求人媒体は便利な反面、使いこなすことが出来ないと優秀な人材を取りこぼす可能性が高くなります。求人媒体を有効に活用することが採用の近道です。