求人情報がカギ?!
人材採用戦争に負けないための
マル秘テクニック

情報量を多くする

求職者は就職をすることに対して期待と不安を混ぜたような感情を持っています。そのため、求人情報には信頼感を持たせることが重要となるのです。会社にある独自のルールや、想像していたような仕事と違うなどのギャップが生まれてしまうと、せっかく入社した社員がすぐに辞めてしまうということにもなりかねません。

求人情報を掲載するときには、働いている姿が明確に想像出来るようなものを載せるようにしましょう。たとえば仕事についても公開できる限りの情報は具体的に書くことが重要です。いつ、どこで、誰が、どのような仕事をするのかを事細かに掲載しましょう。

また、その際には数字を入れることによって、より安心感が増すと言われています。数字を載せることが出来る情報はどんどん載せてしまいましょう。採用サイトは求人票や求人広告と違い、情報を多く掲載することが出来ます。そのため、より具体的な情報や写真などのメディアを使って自社をアピールすることが可能となるのです。

人材を集めるために必要となる求人情報。そこに掲載する情報は明確なイメージが出来るように、情報を多くすることを心がけてください。そのためには採用サイトがオススメだとされています。